FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
特務PTの配置とその意味
※30人5PT編成を変更→28人5PTへ ()は入場順

囮   :DK(13) DK(10) 斬(1) 斬(2) 聖(27) 聖(28)
近A :DK(8) 近(4) 近(5) 近(6) 近(7) 聖(22)
遠A :DK(11) 弓(17) 遠(14) 遠(15) 遠(16) 聖(23)
遠B :DK(12) 弓(20) 弓(21) 遠(18) 遠(19) 聖(24)
特務 :DK(9) 聖(25) 聖(26) 近or斬(3)

少々見辛いですので、要点のみ抜粋

囮PTの斬り2名→特務PT斬り1名→近距離PT(英雄、パラ)→近A(DK)→
特務DK→囮DK→近B(DK)→遠距離(NL→弓)→聖魔→囮聖魔

これが大まかな入場順序です

特に前半の囮~近BのDKあたりまで、入場順序を全員が覚えていると、討伐に際し有利に働くので、必ず覚えておくようにしましょう





なぜ近Bをなくして特務PTを用意したのか?

目的としては・・・・
・囮崩れの場合の保険
・各PTでのお墓で、まとまったリザが困難な場合の仮PTの作成
司令塔としてしての役割
・補助が欠員した場合の補充の役割(HB、ヒール等)

2名の空きを作ることによって、PT移動が楽になり再編成の効率化とリザを最大効率で活用しやすくなるメリットが出来ると思います。
2名分の戦闘火力の低下になりますが、それ以上に再編成に重点を置いています。

また29人目、30人目(つまり補欠2名)を入場させて首2マップで待機してもらうことによって
戦闘員の欠員の補充を行うことも可能になります。

ネックなのは集団誘惑対象に遠距離DK(11)が含まれるので、集団誘惑の際にDK(11)を聖(23) が追いかける、もしくはDK(11)はインテンションを使用することになります。

前者の場合は遠APTの遠距離戦闘員は自己回復となります。補助のある状態から無い状態への切り替えが要求されます。

常に遠Aは、DKが誘惑される前提で戦い、自己回復中心の行動が求められます。
また、DK本人も誘惑対象者であることを念頭に置き、攻撃<HBという行動になることを頭に入れて望んでください。

この時、遠Aの聖魔さんは誘惑されたDKを死なせない行動をしなければなりません。
戦闘員は自己回復で耐える前提で、DKに付き添い徹底して守り続けてください。DKがお墓した時のリスクの方が高いですので、戦闘員そっちのけでも守りましょう。
スポンサーサイト
【2008/06/26 17:06】 | ホーンテイル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<序盤、囮崩れ対策 | ホーム | BG立ち回り>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://maplestoryjamyun.blog104.fc2.com/tb.php/155-6905d5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。